トップページ 》 新入生に向けて 》 あいさつ

主将あいさつ


新入生の皆さん

ご入学おめでとうございます。

これからの大学生活の様々な可能性に期待に胸をふくらませていることか思います。

私の3年前は大学生活がどのように始まるかさえもわからず不安も大きかったのを覚えています。 そんな不安を抱きながらもこの運動会ホッケー部に入部したのは居場所と4年間かけてのやりがいを求めてのことでした。 結果として、この決断は自分の人生にとってかけがえのない選択であったと言えます。

ホッケー部の魅力の一つとして部の雰囲気の良さがよく上がります。 実際に先輩後輩が和気藹々としながらも、チームの中で切磋琢磨している姿は実際にホッケー部に来てみて感じてもらえればと思っています。

私が皆さんに知ってほしいホッケー部の魅力は何より4年間を通しての成長だと思っています。

ホッケー部では経験者集団である一部校を初心者集団である東大が倒すという「挑戦」を通して 4年間学生主導で戦術やプレーそして90年続くホッケー部という組織について考え、プレーヤー、スタッフそれぞれが役割を持って活動していきます。 その活動の中で自分ができなかったことや時には困難に立ち向かった末 目標を達成したり、勝利の瞬間を迎えられるという経験はこの大学生活でしか味わえないものだと思っています。

ぜひ、一度ホッケー部に足を運んでみてください。 魅力あふれる部員達と共にあなたの「挑戦」を心待ちにしています。

運動会ホッケー部男子主将 4年 浅野康一郎


新歓代表あいさつ


新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。今年度新歓代表を務めさせていただく三年の高橋功大と申します。

新入生の皆さんは、長くて辛い受験生活でたくさんの壁を乗り越え、新たな大学生活に大きな期待に胸を膨らませている事だろうと思われます。

しかし、入学した皆さんにはまだ乗り越えなければならない壁が存在します。 それは、大学生活においてどのような組織に所属し、どのような四年間を過ごしていくか、その大きな決断を入学して早々にしなければなりません。

ホッケー部は多くの部員が大学からホッケーを始め、スポーツ推薦が大半を占める一部校を倒すという目標の下、各々が挑戦し続けている集団であり、皆さんにとって最高の四年間を提供出来る組織であると自負しております。この部の雰囲気は体験練習会のみならず、普段の練習に是非参加していただき皆さんに肌で体感して貰えればきっと伝わるものだと思っております。

を、と。

皆さんと共にグラウンドで会える事を期待して待っております。

運動会ホッケー部男子新歓代表 3年 高橋功大