ホームページTOP 》
新歓トップページ 》新入生に向けて 》 あいさつ

主将あいさつ


新入生の皆さん

ご入学おめでとうございます。

コロナ禍という状況の中、これから始まる大学生活に期待と不安でいっぱいだと思いますが、4年間をどう過ごすかは自分次第です。部活に打ち込むのもよし、アルバイトを頑張るのもよし、色んなサークルを掛け持ちしてみるのもいいでしょう。

その中でも大学から新しいスポーツを始めたい!充実した毎日を過ごしたい!何かに打ち込みたい!などと考えている人には是非一度新歓に来てほしいです。

フィールドホッケーは大学から始める人がほとんどで、自分の努力次第で結果を残すことが出来ます。僕も高校までずっとサッカーをしていて、新歓に行くまではフィールドホッケー自体全く知らないほどでした。でも今はフィールドホッケー部のおかげで充実した大学生活を送ることができ、この部活に入って本当に良かったと思っています。

そんな僕たちは「未経験者の集団が経験者の集団に勝つ」という高い目標を掲げています。同期や先輩達と切磋琢磨しながら、チーム一丸となって目標を達成するべく日々練習に励んでいます。

また学生主導で活動しているため、部活動をよりよく運営していくにあたって学ぶことも多いです。

色々書いてきましたが、文章だけでは魅力が伝えきれないので、この部に少しでも興味を持ってくれた人はぜひ新歓に来てください!

そして「フィールドホッケーという競技の面白さ」「『未経験者の集団が経験者の集団に勝つ』という目標」「部の雰囲気」をいいなと思ってくれて、一緒に戦ってくれる仲間を待っています!

運動会男子フィールドホッケー部主将 4年 下條裕史


新歓代表あいさつ


新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

コロナが未だ世界中で猛威を振るう状況の中、厳しい受験を乗り越えて無事合格された皆さんは、来る大学生活に胸を膨らませていることだと思います。

大学生活には様々な過ごし方があります。サークル、留学、バイト、勉強。その中でも僕は、新歓代表として皆さんに「東大ホッケー部」という選択肢を是非、視野に入れてみて欲しい。そう強く思います。

東大ホッケー部は、96年の歴史を持つ伝統のある部活です。経験者ばかりで構成された強豪の他大学に対して、東大は大学からホッケーを始めた部員ばかりで構成されたいわば「素人集団」です。そんな東大生達が、頭脳・戦略・作戦を駆使し、技術を総動員して貪欲にジャイアントキリングを狙っていく。こんなストーリーを聞いたら、ワクワクしませんか?

社会人になる前の、最後の「モラトリアム」とも言える4年間。この最後の機会に、最高の仲間たちと最後の青春を追い求めたい。そんな熱い想いを持った仲間が1人でも東大ホッケー部の門を叩いてくれることを、心待ちにしています!

が、だ。

運動会男子フィールドホッケー部新歓代表 3年 校條恵太